S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
小布施へ
小布施というと“栗”で知られているところだ。子供のころは、おやつというと秋は栗だった。蒸かした栗を半分に割り匙ですくう。ほのかに甘い栗の実に安らぎを感じたのはもう随分と昔のことのようだ。だから小布施への旅に誘われるとすぐに行きますと答えていた。名前は知っていたが、この地へ行ったことはなかった。

東京から新幹線で長野へ。長野から長野電鉄に乗り換え特急で20分ほど。小布施の駅は小さく、村の駅という感じだった。f0198833_20181379.jpg初めは、歩いて旅館まで行く予定だったが、余りにも良い天気で太陽を浴びながら歩くことは躊躇させられ、駅頭に待つタクシーに乗った。「xxxxxx」宿の名前を告げると「分かった」というような様子が見てとれたので少し安心した。知らないところで道に迷うことは避けたかった。2,3分走ると広場のようなところに出て車が止まった。そこが今日の宿だった。正面のガラス扉を開けて宿の係が「お待ちしておりました」と出てきた。藍色の袢纏のようなものを身に着けた若者だった。荷物を預け中へ。そこが受付になっているらしく、その若者に少し早く着いたので、「荷物を預けて街中へ行こうと思うが」、と聞くと「部屋は出来ていますので」。すぐに部屋へと案内された。

部屋は、入り口の2階部分にあり、なんでも香港のデザイナーが設計したとか。有名な新宿にあるハイアットホテルもそのデザイナーの作品という。部屋は壁一面に本棚が設えてあり、和洋書が並んでいた。知的な印象を与えると同時に何か自分の家の書斎風にも感じられて、初めてきたような気がしなかった。旅館の係の人が一通り部屋の使い方と料理について説明してくれた。食事は外の料理家で食べるらしい。もっとも同じ会社の経営なので、鍵を見せて会計は一括でしてくれる。イタリア料理店と和食の店があるらしい。聞くと朝食はイタリア料理店だそうで、それでは和風の店へ行こうと決めた。夕食まで時間があるので街を散策することにした。

この街にはいくつか美術館がある。葛飾北斎の作品を展示する「北斎館」、高井鴻山の記念館、小布施ミュージアムには中島千波館があるというが、ネットで探すと「現代中国美術館」もあるようだ。北斎館は明日の朝一番で行くことにしたのは、宿の正面にその館があるからで、まずは高井鴻山(たかいこうざん)記念館へ向かった。高井鴻山は、19世紀半ばから明治維新のころの人で、この小布施の豪商で有名だ。なんでも北斎をこの地に招き屋台(山車)の天井に絵を書かせたと言う。社会還元にも力を注ぎ、維新には幕府へも朝廷へも資金援助をしたらしい。文人でもあり、書画を良くした。素晴らしい軸を見せてもらった。それにしても、ここに来るまで鴻山のことについては全く知らなかったが、来てみると彼が佐久間象山や九条家とも関係があったことが記念館の解説にあり、そうか私とも縁があったのだと不思議になった。佐久間象山については、学生時代に彼の事を知り、それまで遊び呆けていた自分を反省し、勉学へと誘ってくれたことが思い出される。九条さんは、仕事を始めてすぐの若いころに自然気胸になり、入院したのがその九条さんが設立された病院であった。知り合いが入院しているというので見舞いに行き、前の晩から胸が痛むので、良い機会とその病院長に聞いてみたのだった。「青山さん、そこを動かないで、動くと死にますよ」と院長に言われ、その病院にそのまま入院したことを思い出された。ほんとうに不思議な話だ。

それでいよいよというか興味があったので、ネットで見ていた現代中国美術館を見に行った。ところが建物は閉まったままのようで、もうかなり時間がたっている様子だった。はて、どうしたのかと思いながら、表のガラス扉から中を覗くと、どうやら夜逃げしたような状態が見てとれた。玄関脇には兵馬俑らしきものが置かれていた。「夏草や 兵どもの 夢の跡」など思い出してしまった。そこで一句。

夢の跡 秋風吹きて 傭残る   撫利庵

悲劇は喜劇に通じる。この廃墟の場面だけは見たくなかった。きっと、いろいろなことが起きては消えたのだろうか。(了)
[PR]
# by chateau_briand | 2013-09-26 12:02
椿神社への旅(つづき)
焼蛤のことを思い浮かべているうちに、車は四日市を経由して鈴鹿インターを出た。ここまで約一時間。インターを出ると、大きな鳥居がある。椿神社の鳥居だ。なんでも日本で一番大きな鳥居だという。その鳥居から5分ほどで神社に着く。神社に近づくと道の両側に桜の木が並ぶ。春には満開の桜が美しい。今回は夏本番で、暑い太陽の光線が我々を迎えてくれた。やがて参道入り口に。参道入り口には手水舎があるのでそこで手を清めよう。f0198833_159359.jpg
杉木立に囲まれた参道を上がり本殿に着く。本殿前で猿田彦さんに到着を告げ、社務所へと向かう。社務所では、宮司が待っていてくれて、そのまま宮司室へと進んだ。

思えば、この椿さんとの付き合いは長い。最初にここを訪れたのは50年ほど前になるだろうか。今は亡き猪熊信行先生に紹介されたのだ。高校生だったろうか、四日市の駅前に車で迎えに来てくれた。四日市から田舎道をくねくねと上がっていき、社に着いたのを昨日のように思い出す。やはり夏の一日だったろうか。古い社の中で先々代の宮司さんにご挨拶をした。天狗さんのようなまさに猿田彦の大神を彷彿させる顔立ちの方だった。障子や襖を開け放した座敷の中はひんやりと、蝉の声が中まで響いていたように思う。まさに真夏の一日だ。お昼に出されて鶏飯の味は今でも忘れられない。先代宮司の手作りだそうだ。

いろいろなことを思い浮かべ、宮司の勧めで奥殿へ参拝に昇った。ここは拝殿の奥にあり、特別なところだ。ここで拝んでから、境内にある茶室でお茶を頂戴した。菓子皿はお土産に持ち帰るのだが、この皿には重宝していて、台所には欠かせない皿になっている。おもに食材の下拵えを載せる皿として使っているのだ。また一枚増えたと喜んでいる。このお茶室は「鈴松庵」と称されていて、各流派に解放されていると聞く。神社のいいところは一流一派に捕らわれることなく広く門戸を開いているところだ。f0198833_15154669.jpgお茶の後に茶室の並びにある行満堂へ。ここは仏式の施設で、椿さんに功績のあった物故者をお祀りしているところだ。もともとここは神仏習合の場所であり、こうした施設があるのも自然なことだ。こうしたことも神社のよいところではないだろうか。申し添えておくと、この行満堂に隣接した広場には陶芸家、杉浦康益さんのオブジェが飾られている。3年ほど前に私が寄贈したものだ。(つづく)
[PR]
# by chateau_briand | 2013-08-22 15:09
椿神社への旅
椿神社は三重県鈴鹿山中にある。主神は猿田彦大神だ。そこへ行った。東京から新幹線で名古屋へ。名古屋からは、車で約一時間。東名阪道を使う。実は、新幹線が遅れた。というのは名古屋まであと数分というところで、急停車したのだ。すぐに「駿河湾沖で地震が発生したため」と車内放送がながれた。電源がとまったので、灯りも空調も止まった。このまま車内で閉じ込められた苦しくなるかな、と思っていたが、震度4という連絡が伝えられたので一時的な停車でやがて直ぐに動き出すなと思った。だからまあ心配ないな。

するとしばらくして「安全が確認されましたので」とすぐに動き出した。車内から神社へ電話をして、「地震で停車したが、動き出したので」と連絡をいれた。15分ほど遅れたが名古屋駅に到着。やれやれ。改札を出ると、神社の職員がすぐにこちらへ。「やあ、ご心配をおかけしましたが、なんとか着きました」と挨拶をし、迎えの車へ。名古屋駅太閤口から出て表に止まっている車に乗り込んだ。夏の暑い朝だった。

車は市内を抜け、東名阪に入り鈴鹿インターへ。途中、桑名、四日市を通る。桑名手前では長良川や木曽川、揖斐川を越えた。この三川の集まっているところに河口堰が作られ、辺りの景色が一変したのだ。その河口あたりにあった、あの有名は「舟津家」はもうない。焼蛤は食べられないのだ。残念。最期の舟津家の蛤を食べたのは3年ほど前になるだろうか。川を眺めていると「そうか、もう30年ほど前になるか、画家の中川一政さんをお連れして舟津家へ行ったのは」と昔のことを思い出した。鈴鹿にある椿神社の隣村に水沢という村に猪熊信行先生の本宅と澄懐堂文庫があり、中川さんをご案内したことがあったのだ。

中川さんは、当時すでに日本を代表する画家として盛名をはせていたが、その方に澄懐堂の中国書画をお見せし、感想文を執筆頂くという雑誌の企画だった。その雑誌の編集を私が担当していた。何かで「桑名の船宿で食べる蛤鍋」のことを知った私は、この時とばかりに舟津家を予約し、中川さんと二人で泊まった。夕食に蛤鍋をと宿に伝えると「蛤とれませんのでできません」と冷たく断られたことが未だ記憶の底にこびりついている。残念。
その後、たびたびこの舟津家を訪れ「焼蛤」を堪能した。だが、この焼蛤も今はない。
時間が流れ、いろいろなものが彼方へと去って行った。ああ、無常。(つづく)
[PR]
# by chateau_briand | 2013-08-10 15:44
パラミタ美術館(つづき)
パラミタ美術館の話を書いたが、この美術館にはいろいろとご縁があった。パラミタと言う名前は、この美術館が設立される時に公募された名前だが、本当に良い名前をお付けになったとおもう。というのも、故池田満寿夫の陶芸がこの美術館の出発点になっているからだ。池田が晩年に、陶芸に打ち込んでいたことは周知のことだが、その作品群は般若心経と名付けられている。「般若波羅蜜多心経」は、三蔵法師がインドから持ち帰った経典だが、原典は古代インド語のサンスクリット語で書かれていて、般若は知恵、波羅蜜多は完成したという意味だそうだ。つまり悟りの境地とでもいうことだろうか。池田はこの作品群を制作過程で亡くなったが、遺作は三重県のパラミタ美術館に収蔵されて常設展示されているのだ。

昔、AVIS FELIXという陶芸書店を開いていた時に、三重県からK夫人がたびたび来られていたが、店に展示されていた池田満寿夫の作品集を買われ、そこに載っていた彼のやきものに魅せられ、池田未亡人から散逸しないことを条件に、譲り受けられたことがあり、その縁で美術館を作られたとお聞きした。いろいろな縁がつながり、新しい世界が開ける、将に觀自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空。

私は、子供のころ般若親経にひかれ毎日暗誦していた。仏教に興味を持つきっかけになった経典だった。だから、この美術館に本当に親しみを覚え、機会あれば訪問する私にとって楽しみな場所だ。最近では、四日市にある澄懐堂美術館とも縁が深まり、ますます楽しみなところになった。
[PR]
# by chateau_briand | 2013-07-13 11:40
パラミタ美術館への旅
暑い!東京を出る時からすでに熱気が、湿気が身体に襲いかかって来ていた。「これは大変な一日になりそう」と思いつつも新幹線で名古屋へ。名古屋から近鉄に乗り換え四日市経由湯の山温泉行きに乗り換え大羽根園まで。目指すパラミタ美術館はその大羽根園駅から徒歩5分だ。四日市の駅でその電車を待つ間にも汗は滴り落ちていた。勿論上着は脱ぎ、手に持っていたが。汗染みが両脇に滲み出てきていた。幸い電車の中は冷房が入っていたが、何しろ各駅で、一駅一駅止まる度に車両のドアが開き、外からの熱風が車内を襲う。30分ほどで大羽根園駅に到着。駅のホームからの眺められる山野の景色を皆さまへ。
f0198833_12564057.jpg

無人駅で、東京のパスモを使い清算。駅を出ると、すぐに街道に出て、その街道の横断信号を渡り、コンビニの前を通りながら美術館へ向け歩いた。この街道には日除けになるような高い建物や樹木がないので、直接太陽が歩行者へ光線を降り注ぐことになる。暑い。それでも美術館に着くと、やれやれ冷房の利いている室内へ入れる。

美術館では、「第8回パラミタ大賞展」の開会式が行われた。200名ほどの参加が集まり、簡単な式典が。今回は6名の陶芸家が推薦されており、美術館の入場者の投票で大賞が決まる。なかなか特異な形式だ。これもまた一興か。それにしてもオーナーの方の熱意にはいつも感服する。もう97歳になるというが、いつもお元気で入館者に挨拶される。素晴らしい。私は、この式典に出た後、「澄懐堂美術館」へ行った。澄懐堂未来会議に出席した。
内容については後日。(了)
[PR]
# by chateau_briand | 2013-07-09 12:58
李白
前回、李白の一節を引用したが、実は、この詩は近鉄四日市駅前にある「都ホテル」の2階にある中華料理店の食卓用紙敷に印刷されていた。この中華料理店は四川と言う名前で、四川料理を出す。澄懐堂美術館の理事会に出た時に昼飯を食べたのだが、この紙敷が気になっていた。何回かこの店で食事をしたが、お店の人に「この紙を一枚貰いたいのだが」と聞くと「喜んで」と早速新品を一枚持って来てくれた。有難い。で、この一枚を家に持ち帰えると、この詩を書にしたためようと思った。全部ではない。その中で先に引用した4句を書こうと思った。お酒を飲む度にこの一節が頭に浮かぶ。将にお酒の朋とも言うべき句だ。書いたものをここにご紹介しよう。文徴明風の草書で。文徴明は端正な文体だが、お酒を飲んで書いた様子が覗えない。多分、書いてから飲んだのだろう。私は、飲んでから書きたい。
f0198833_10472342.jpg

[PR]
# by chateau_briand | 2013-07-05 10:50
小松空港(つづき 了)
山中温泉から東京に帰ってすぐに、金沢へ行く用事が出来た。勿論、羽田から飛行機で小松空港へ。小松空港からバスにて金沢駅まで約50分。金沢では、著名な漆作家を訪ねた。漆の造形作家で大きな作品をつくる人だ。堂々とした姿の作品は、最近東京の近代美術館工芸館に展示された。あまりに大きく他を圧倒する迫力で、逆にそこにあることに気がつかない人も多かったのでは。つまり、これまでのこうした漆作品は小柄なものが大半なので、まさかそこに漆作品が展示されているとは想定していない人もあったのでは。さらにはそうした造形作品故に、係の人も照明の当て方に慣れていなかったのではと思えた。ここまで大きな漆があるとは。

すっかりとこの大きさを堪能したからか、この作家に会いに行く息子に同行したのだ。「同行した」と いうと「どをこした」と聞こえなくもないが、これはほんの冗談。

漆の後は、金沢市内にある有名な料理家を訪れた。もちろんこの漆作家もお誘いした。金沢に来るたびにここの料理を味あうのを楽しみにしている。和の味に洋の趣、味も良いが器との調和も素晴らしい。いつ食べても満足する。この味を表現することが難しいく。筆舌に耐え難い(?)。ただ、美味しいとしかいえない。それと、やはりお酒の味だろうか。ここで飲む酒の味は格別で、いつも酔うことが待ち遠しい。飲むほどにお酒の味が深くかんじられるようになる。酔うことが素晴らしい。で、李白の一節を思い出した。

     人生得意須尽歓 莫使金樽空対月 天生我材必有用 千金散尽還復来

何しにこの地に来たのか、今では忘れてしまったほどだ(微笑)。完了
[PR]
# by chateau_briand | 2013-07-03 16:41
小松空港(つづき)
山中温泉の湯を楽しんだが、再度、このお湯に浸れるとは。福井県の武生には、このブログでも既に書いたが、越前の陶芸家がいる。その陶芸家を訪ねる時には、新幹線で米原まで行き、そこで北陸線に乗り換え、特急で約1時間。で、地図を良く見ると、その武生は小松空港に近いということが分かった。そうだ、小松空港まで行こう。小松駅から北陸線の特急に乗ればいいのだ。ということは、その小松空港から30分で山中温泉ということだから、武生へ行けば、帰りに山中へも寄れると思った。なんだか嬉しい。

朝一番のANAで羽田から小松空港へ。1時間だ。タクシーで小松駅へ。15分。特急の待ち合わせがあるが、小松駅から武生まで1時間。新幹線経由よりも時間がかからない。ただ、経費はやはり高めか。

f0198833_125625.jpg
武生駅で陶芸家に迎えられ、車で20分、工房に着いた。その日は丁度良い天気で暑いほどだった。が、身体は軽い。長時間電車にのるよりも楽のような気もするが。工房に並べられた新作のでき具合を見た。なかなかの出来栄えだ。まだ、この手の作品は作り始めた場からだと言うが、これからが楽しみでもある。
f0198833_1275730.jpg

打合せを済ませ、昼に越前そばを賞味。 駅まで送ってもらうと思っていたが、そのまま車で山中温泉まで送りますという。その陶芸家も、まだこの山中温泉の宿には行ったことがなく、興味津々のようだった。

宿に着き、ご主人が現れ、越前の陶芸家と紹介すると、「一風呂どうですか」と進められた。少しためらっていたようだが、その陶芸家は風呂に案内され、その湯を堪能し、また車で武生へと戻って行った。後で聞くと、「お湯、素晴らしですね。」。勿論、私も風呂と食を楽しんだことはいうまでもない。

実は、この2度目の山中温泉後、さらにもう一度小松空港のお世話になるとは。(つづく)
[PR]
# by chateau_briand | 2013-06-15 12:10
小松空港(つづき)
食前の飲物は、今回の旅を企画された方のご友人で、この宿の常連さんの一人からの差し入れのシャンパンが用意されていた。誰もが認める味のあるもので乾杯。「うーん、なかなか」と一同感激したことはいうまでもない。何しろ、良い湯に浸り、山の冷気に触れ、日常を離れた宿の一夕。美味しくないわけがない。一杯飲みほし、さて次の飲物をと聞かれ、やはり、日本海側の美酒を飲むべく宿の方に聞き、純米を持ってきてもらった。今晩の献立表もあったので、それに併せて頂戴出来ればと考えていた。なんといっても山中は漆が有名なところでもあるので、漆の盃を想定していた。残念ながら、この思いは空振りに終わった。次の機会には是非と宿の方にも頼んでおいたが。

日本料理の、こうした宿の料理というのは、大体が型どおりに進む。先付がまず置かれていた。何品かがその皿に盛られていた。お造り、焼き物、揚げもの、酢のもの、そして、ご飯となる。勿論、最期に果物。どれも美味しかった。が、今となっては印象に残っていない。なぜかと言うと、ちょっと品数が多すぎて食べきれなかったからだ。最期に蟹がでたが、残してしまった。残念。やはり、量を考えることも大切ではないだろうか。印象に残っているのは、翌朝の“たまご”だった。出し巻き卵は秀逸、焼き立てを食べた。ふんわりと焼けていて、たまごの味も素晴らしい。生卵も食べた。白いご飯に黄身。素晴らしかった。私は、自分でも料理を作ることが好きなので、こうした料理人の作ったものには大いに興味がある。器、食材、味付け、料理法、盛り付け。どれも勉強になる。しかし、そうしたことも大事だが、やはり、料理のもっとも重要なところは、私にとって、何を食べたかではなく、誰と食べた、ということではないだろうか。それと、やはり、「余韻」だ。食べた後にどのような余韻が残るのか、その残る部分を大事にしたい。

実は、この宿には一ヶ月後に再訪した。なぜか。それは「つづき」にて。つづく
[PR]
# by chateau_briand | 2013-06-08 13:36
小松空港(つづき)
風呂といえば、誰もいない時にはそれこそ素っ裸で入るが、そうではない時には不思議と前を隠す様に入ることが多い。私も昔はそうだった。が、この歳になると恥ずかしさもあまり感じなくなるようで、いつもそのままにしている。タオルを使うのも面倒くさいし。だからなお気持ち良い。爽快な気分だ。前にも書いたが、アメリカのディーラーの親父たちと来た時には、勿論皆で一緒に風呂に入ったが、前を隠す人が多かったように覚えている。ドイツのバデンバーデンで風呂に入った時だが、そこは混浴で水着を付けないで入るところだったが、見ると、好きで見ているわけではないが、隠す人もいれば隠さない人もいたようだった。混浴といえば、青森の八甲田山にあるスカユ温泉では、女性は大体隠さずに、男性は隠していたようだ。民族や地域で差があるようだが、フランス人は前を隠さず胸を隠すようだ。というのも、以前フランスのご婦人を妻に迎えた人たちと温泉に行った時にこの話になり、なるほどと感心したことを思い出した。

人前で裸になるということは余程のことがない限りあまり無いが、それがそうでもないらしい。らしいというのは私のことではなく、昔、大変お世話になった大先生から聞いた話だが、その先生の知り合いの青年があるお嬢さんを好きになり、是非嫁にと思い実家を訪ねた時のこと。先方から「どのように自分の娘を幸せにできるのか」と尋ねられ、彼は、直ちに服を脱ぎ裸になり、先方の親に「見てください、私はこれで彼女を幸せにします」といったとか。勿論、その後幸せな結婚生活をおくったことはいうまでもないが。

少し話がそれたが、風呂も入ったし、ゆっくりと休んだら、お腹が減ってきた。いよいよ夕食の時間だ。「6時に広間で」と言われていた。ここでは食事は食事用の部屋が用意されているのだ。今夜は、招かれていたので4人で食卓を囲むこととなった。人数が多くなると、夕食用の小部屋では狭いので広間になったのだろうと思った。6時になって仲居さんが迎えに来てくれた。案内され2階の広間へ。

広間といっても小さな旅館なので少し広めの部屋というところだろうか。そこに食卓がしつらえてあり、椅子が用意されていた。これは楽だ。せっかくの料理も脚を気にしていると喉も通らない。特にご婦人方には気の毒なことがある。実は、ここのご主人というのは、地元では有名な方だそうで、先代から後を継いだ時に、それまでの大きな旅館から小さな宿へと業態を変更させたという。小さな宿は、いまではそれこそ全国各地に点在するが、そのころ、20年ほど前はこの宿が先達だったのだ。その時に、料理を団体客優先から個人客に合わせるようにしたとか、そのきっかけを作ったのがこの料理人との出会いだった。残念ながら彼はもう他界されていたが、その伝統は受け継がれていると言う。楽しみだ。というような話は、実は食事が始まってから直接主人から聞いたのだ。何処で聞いたのかと言うと、その広間に主人が現れて、こうした話をされた。大変面白い、かつ有意義な話ではあるが、広間にしたという意味がこういうところにあったのだろうか(笑)。つづく
[PR]
# by chateau_briand | 2013-06-06 14:04